U.BOX レンタル規約

発注者は、株式会社U.(以下、U.)が所有する機材・コンテンツのうち、別途見積書で確認したレンタル機材を借り受けるにあたり、本レンタル規約に合意する。

1. 基本事項

  • 1.1. 発注者は借受機材に対して善管注意義務を有し、良心的に使用し、保管しなけ ればならない。使用場所の移動、質入れ、転貸、譲渡及び担保に供する等、U. の所有権を害する事をしてはならない。
  • 1.2. 発注者は借受機材の運搬、保管、設置、操作を行う際に、当該機材に対して十 分な知識と経験を持つ者に行わなせなけれならない。設置、撤去の不具合によ る事故、破損については、U.はその責を負わない。発注者が作業を第三者に委 託する場合も同様とする。ただし、搬入、設置、撤去をU.もしくはU.が指定する 業者が行う場合はこの限りではない。
  • 1.3. 発注者は借受機材を改造してはならない。
  • 1.4. 発注者が借受機材について第三者から強制執行、仮処分、仮差し押さえ等を受 けた時は、発注者は当該機材がU.の所有物であることを証明し、且つこれらの 事態が発生した事を直ちにU.に通知し、その指示に従わなければならない。

2. 期間、延長

  • 2.1. 発注者は事前に合意したレンタル期間を厳守しなければならない。レンタル期間 の最終日付で、発注者の負担で返送するものとする。
  • 2.2. 発注者はU.に使用期間の延長を事前に連絡し、U.の承認がある場合は使用 期間の延長をできるものとする。発注者の申し出によってレンタル期間を延長す る場合、発注者はU.にU.が別途に定める延長料金を支払わなければならない。
  • 2.3. 発注者の申し出なくレンタル期間を延長、もしくは返送が遅滞した場合は、発注 者はレンタル期間最終日を起算日とし年率3%の延滞金をU.に対して支払うも のとする。

3. 料金

  • 3.1. レンタル料金、運搬料金、オペレータ料金、その他保証料金はU.が事前に作成 する見積書によって定めたもの、またはU.が事前に提示したものとする。
  • 3.2. 発注者のU.に対する各料金の支払いは見積記載通りとする。
  • 3.3. 発注者は、予約日までに指定の銀行口座に振り込むものとする。予約期日までにお 支払いが確認できない場合、自動的にキャンセル扱いとする。
  • 3.4. 発注者は借受中に事故・盗難、火災等により生じた機材の紛失、毀損(通常使 用による損耗等は除く)について、原則として機材代金、修理代金実費及び修 理期間中のレンタル料をU.に支払うものとする。
  • 3.5. U.は貸し出しに当たって機材の諸機能について支障が無いことを確認する。
  • 3.6. 発注者はU.より借り受けた機材を使用する前に充分点検し、支障の有無を改 めて確認する。
  • 3.7. 本番使用中に製品の不具合による故障が生じ、イベントなどに利用に支障、損 害が生じた場合はU. は早急に代替機の確保に努める。又、U.は機材の交換、 修理のために使用が妨げられた期間のレンタル料を上限に発注者のレンタル 料を免除するが、それ以外の責め、損害をU.は負担しない。

4. 違反

  • 4.1. 発注者が次の項目に該当するときは、本契約は解除され発注者は借受機材を 直ちにU.に返還し直ちに利用料金を支払わなければならない。
    • (1)本契約書、または別途交わされた契約書内容に違反した場合。
    • (2)強制執行、仮処分、仮差し押さえなど、発注者の信用状況 に著しい変化が生じたとき。
    • (3)支払が遅延した場合。
    • (4)その他、U.が不適当と判断した場合。

5. 管轄裁判所

  • 5.1. 本契約について紛争が生じたときの管轄裁判所は神戸地方裁判所とする。

6. 協議

  • 6.1. 各項に生じた疑義又は本契約に定めのない事項は、発注者およびU.の双方が誠意 を持って協議の上これを処理する。

7. 権利

  • 7.1. U.が発注者にレンタルする機材・コンテンツの所有権、知的財産権、著作権はU. ま たはコンテンツ制作者に帰属する。ただし、別途取り決めがある場合はそれに従 う。

8. 免責

  • 8.1. 天災地変等の不可抗力、戦争・暴動・内乱、法令の改廃制定、公権力による命令処 分、ストライキその他の労働争議、輸送機関の事故、その他U.の責に帰し得ない事 由による契約の全部又は一部の履行遅滞、履行不能又は不完全履行を生じた場 合には、別途発注者とU.で協議する。